忍者ブログ

テンデシカを賢くお得に購入するには

テンデシカは通信販売がお買い得

   

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

テンデシカは定期購買コースがお買い得

正しいフェイスウォッシュは、手のひらでしっかりと洗顔料を泡立ててから、泡を顔に乗せてつつみこむようにするものだ。
一般的な洗顔料を使っているなら、まず手のひらを使って泡立てるという作業が発生する。
テンデシカならはじめから泡の様子で出てくる。
そのため、ワンプッシュで濃密な泡フェイスウォッシュが即可能で、時間の節減にもなるだろう。

「特に他に買い物の用事はないが洗顔フォームのみが切れた」という時に洗顔料のみ買いに出かけるのはおっくうではないだろうか? 
テンデシカの定期購買コースを申し込むと、毎月自宅に届けられる。
買い物へ出かける手間も省けることは地味だが喜ばしいことである。

「毎月受け取るのもおっくう」という怠惰な方もいるだろう。
テンデシカには、5本おまとめ買い・10本おまとめ買いのメニューも準備されているのだ。
これらのおまとめ買いメニューは、ただ受け取りの面倒が軽減されるというのみではない。

テンデシカは1本150g入りでだいたい1カ月分くらいの量だ。
150g入りのテンデシカ1本が単品だと普通3,200円。
定期購買コースで申し込むと初回は5割引の1,600円になる。

さらに、テンデシカの定期購買コースはもちろん送料無料である。

5本おまとめ買いなら単品代金を5本で19,200円のところ、約30%OFFの11,200円に割引。
そのうえ、もう1本プレゼントされ、通常より安い5本分の価格で6本が手に入るのである。

10本おまとめ買いなら約40%OFFの12,800円となる。
これは1本あたりのお値引きがなんと1,280円ものお得になるのだ。
くわえて10本おまとめ買いにももう1本プレゼントが付き、割引された10本分の価格で11本が手に入るというわけだ。

テンデシカは一度使うとやめられない洗顔料だ。
テンデシカを購買するのなら代金的にもお得な定期購買コースをオススメしたい。

普通のドラッグストアなどで購買可能な一般的な洗顔料は、120g前後で価格は約500円前後といったところだろう。
ドラッグストアなどは大方定価よりも安く売り出している。
事実として一般的な洗顔料を購買する価格は、上記よりもっと安いかもしれない。

テンデシカの価格は、初回限定の5割引の価格でさえ、一般的な洗顔料と比較すると高価に思えてしまうかもしれない。
しかしながら、テンデシカの効力を思うとどうだろう? 

一般的な洗顔料で洗顔した後は皮膚のつっぱり阻止のために化粧水や乳液をたっぷりと使う。
テンデシカなら、フェイスウォッシュで皮膚がつっぱることはない。
テンデシカには、皮膚の調子を整えるパック効力もあるのだ。

すなわち、テンデシカのケースでは一般的な洗顔料+化粧水+乳液+パックの価格と比較するのが正解といえるのではないだろうか? 

テンデシカの定期購買のお申し込みはこちら
PR

このような方々にテンデシカをオススメしたい

○鼻・あごなどの毛穴にボツボツの白っぽいヨゴレが気にかかる方

テンデシカの泡は毛穴よりも微細な高品質の濃密泡だ。
そのため毛穴の奥にまで侵入し汚れをまんべのようなく落とすことができるのだ。


○乾燥肌にお悩みの方

テンデシカには炭酸が凝縮されて閉じ込められている。
テンデシカの泡が触れたスキンはこの炭酸の成果でスキンのリズム・状況を支援される。
しかもスキンが求める成分・機能が呼び起こされるのだ。


○スキンのごわつき・ざらつきが気にかかる方

上記したがテンデシカには炭酸構成物が組み込まれている。
炭酸には蛋白質を柔らかくする成果があるのだ。
そのためお肉をコーラやビールで煮込むと柔らかくおいしく仕上がるという物語もある。
同じように炭酸の力でお顔のスキンも柔らかくモチモチに仕上がるということだろう。


○スキンの明るさ・透明感を求める方

前述したようにテンデシカは毛穴よりも微細なマイクロ泡で形成されているので毛穴の奥のヨゴレまで落とすことが可能だ。
テンデシカでフェイスウォッシュをすると毛穴単位のヨゴレによとくすんで見えていたスキンもクリアになり色調が一段階明るく見えるようになる。


○フェイスウォッシュが面倒というぐうたらな方

フェイスウォッシュでたいせつなのは洗顔料をよく泡立ててから顔に乗せること。
しかしそのような行為が面倒という方・時間がないという方は、リキッドの洗顔料を手にとり直接顔にこすり付けて手と顔で泡立ててるということも多いのではないだろうか? 
テンデシカははじめから泡で出てくるのでどのようなだらしないさんでもていねいな泡フェイスウォッシュができるのだ。

テンデシカの定期購買のお申し込みはこちら

テンデシカに配合されている成分とは

テンデシカには角質をオフするために自然のフルーツ酸がブレンドされている。

テンデシカにブレンドされているフルーツ酸は、これら樹液・果実などの原料から何時間もかけてじっくりと抽出されている。

このフルーツ酸の原料はサトウキビ・サトウカエデなどの樹液、およびビルベリー・レモン・オレンジなどの果実である。
テンデシカなら、ていねいに抽出されたフルーツ酸の効力で穏やかにピーリングが可能だ。
スキンに負担をかけることのないフェイスウォッシュができるのだ。


フェイスウォッシュの後、顔のスキンがつっぱとしまう経験はないだろうか? 
スキンのつっぱりは、フェイスウォッシュの時にスキンのヨゴレのみではなく必要な成分まで洗い流されているから発生するのだ。

洗顔をする以上、顔のヨゴレを落とすことはもちろん大切だ。
しかし、スキンを保護する役割のある成分や必要な水分は残しておきたいものだ。

テンデシカにミックスされている天然由来のアミノ酸洗浄剤なら、スキンを保護する成分はしっかりと守り残したままヨゴレのみを落とすことができるのだ。

天然由来のアミノ酸洗浄剤といえば、ベビー石けん・過敏皮膚の方専用の薬用石けんなどにも使われている、スキンに優しい洗浄剤だ。

テンデシカの定期購買のお申し込みはこちら

テンデシカの口コミ情報

泡を顔に乗せたまま放置していても泡がまったくへたれないのがスゴイ。
普通の洗顔料をどれほど泡立てても、テンデシカ程の泡は作り出せない。

島根県 37歳 ひろこ


炭酸ガスの成果でお肌にかすかな刺激がある。
この刺激がとても気持ちイイ。

香川県 32歳 サキ


料金がやや高い。
良い商品なのでもう少し安ければ継続して使いたいところ。

愛知県 32歳 あやの


フェイスウォッシュ後にお肌がつっぱることがない。
今までの他の洗顔料では急いで化粧水をつけてたけど、テンデシカを使うようになってからはゆっくりできる。

沖縄県 36歳 かなえ


洗顔料をテンデシカに変えてから毛穴の黒ずみが明らかになくなってきている。
価格が高いけど、それだけの価値がある。

熊本県 27歳 サラ


フェイスウォッシュとパックが同時に可能だなんて革命的。
私は、頭皮パックにもテンデシカを使っている。

山口県 41歳 K.U


テンデシカを使い始めてからお肌の調子が良いという声が多数見られる。
ヨゴレを落とすという洗顔料としての役割の面から見ると毛穴の奥のヨゴレまでしっかり落とすポイントが特に喜ばれている。
フェイスウォッシュと同時にパックの役割もこなすテンデシカはお肌がつっぱるという事がないポイントも高評価だ。
値段の面では若干高価という評価あるようだが、テンデシカは定期購買コースを申し込むと初回の費用が5割引になる上、おまとめ買いを選ぶとさらにお得な割引がある。

テンデシカの定期購買のお申し込みはこちら

テンデシカの秘密を徹底解剖

テンデシカはバブルで出てくるムースタイプの洗顔料だ。

手のひらで洗顔料をしっかりと泡立ててから顔にバブルを乗せてやさしく転がす、これが皮膚に負担をかけないフェイスウォッシュだ。
事前に手のひらで泡立てる時間を、初めからバブルで出てくるテンデシカなら削減できる。

炭酸構成物が、テンデシカのバブルには組み込まれている。
パチパチ・シュワシュワとはじける効能がヨゴレを浮かし落とすのだ。
テンデシカのバブルを顔の皮膚に乗せておくだけで、顔をがしがしとこすらなくてもよい。

テンデシカのバブルは超微細な単位で、毛穴よりも微細な濃密バブルで形成されている。
「点でしか」皮膚に触れない。
それがテンデシカのネーミングの由来だ。

さらに、テンデシカのバブルに組み込まれる炭酸構成物には、皮膚を柔らかくする効能がある。
テンデシカなら毛穴の奥のヨゴレまでしっかりと落とすことが可能なうえ、皮膚に必要な構成物まで傷つけてしまったり洗い流してしまったりすることがない。

テンデシカでの洗顔を続けると、毛穴までキレイになった皮膚は透明感が増し、色調が一段明るくなるだろう。
そして炭酸の効果で皮膚が柔らかくなり、明るく柔らかい皮膚が手に入るのだ。

テンデシカのフェイスウォッシュのモットーは、「残すべき構成物はきっちりと残し、落とすべきヨゴレはしっかりと落とす」なのである。

テンデシカの定期購買のお申し込みはこちら

テンデシカ

Copyright ©  -- テンデシカを賢くお得に購入するには --  All Rights Reserved
Design by CriCri / Photo by Geralt / powered by NINJA TOOLS / 忍者ブログ / [PR]